iCloudとは?特徴とストレージがいっぱいになった時に減らす方法を解説!

iCloudとは、iPhoneなどで使えるクラウドストレージです。

容量がいっぱいになってしまった時は、様々な対処法で不要なデータを減らしましょう。

iCloudの特徴や料金、ストレージ容量を減らす方法を解説します。

iCloudはMacユーザー向けのクラウドストレージ

iPhoneなどを購入してApple IDのアカウントを作成していれば、誰でもiCloudを利用できます。

しかしiCloudという表示がなんなのかわからず、疑問を持っている方も少なくないのではないでしょうか。

iCloudとは、iPhoneやiPad、MacといったAppleが展開している機器で使えるクラウドストレージです。

クラウドストレージとは、インターネット上の保存スペースに自分の所有するデータを保存し、いつでも取り出せるようになっているサービスです。

iCloudに保存したデータは、元々データが保存されていたiPhone等でしか開けないわけではありません。

iCloudに対応するデバイスなら、自由にストレージからデータを読み込んだり、保存したりできます。

AndroidやWindowsパソコンではiCloudをブラウザから開ける

AndroidデバイスやWindowsパソコンでは、iCloudを端末の標準機能として使うことはできません。

Google DriveやDropboxなど、他社のクラウドストレージを同じように使うこととなります。(Androidでは標準機能としてGoogle Driveを利用可能です)

ブラウザでiCloudを開いて保存済みの写真やメモなどにアクセスしたり、必要に応じてデータをアップロードしたりすることはできますが、データの自動同期はできないのでご注意ください。

対応端末では様々なアプリでiCloudを利用可能

iCloudには、LINEのメッセージや所有する写真の保存、カレンダーに登録した予定、アプリの個人データなどが保存されます。

カレンダーなど自動で保存されるものもあれば、LINEのトーク履歴のように基本的に手動でデータをアップロードしなければいけないものもあります。

手軽にデータを同期できるiCloudには注意点もあり、使う際は空き容量に注意しなければいけません。

無料で使えるのは5GBまで!プラン一覧

iCloudは誰でも無料で始められますが、気をつけたいのは無料で利用できる容量が5GBに制限されていることです。

容量が少なくなると設定アプリに通知が表示されるので、いつの間にか容量がなくなってしまうなどのトラブルは基本的に起こりません。

もっと大きな容量を確保してたくさんのデータを同期させたい場合は、有料のプランに切り替える必要があります。

iCloudのプランは、4種類です。

参考として、年間の総支払額と合わせて料金を表にまとめました。

 

容量 月額料金 (参考)12ヶ月間の合計金額
5GB 0円 0円
50GB 130円 1,560円
200GB 400円 4,800円
2TB 1,300円 15,600円

またiCloudは個人なら月額1,100円で50GB、最大5人家族なら1,850円で200GBを、以下の3つのサービスと合わせて「Apple One」として使うことも可能です。

・Apple Music

・AppleTV+

・Apple Arcade

iCloudのストレージがいっぱいになった時に減らす方法

iCloudのストレージには自動でたくさんのデータが保存されていくので、写真や動画を保存するなどしているとあっという間にいっぱいになってしまいます。

以下では、iCloudのストレージを減らす方法を紹介します。

iCloudに保存されている不要な写真を削除する

iCloudに保存されている写真や動画を削除すれば、容量を減らせます。

写真は1枚だけなら数MB程度ですが、たくさん集まればGB単位まで膨れ上がってしまいます。

動画は容量が大きくなりがちで、旅行や行事などで映像を記録すればあっという間にiCloudの容量も埋まってしまいます。

不要な写真を削除してゴミ箱からも取り除き、容量を空けましょう。

なおiCloudに写真や動画を保存したくない場合は、設定アプリの「iCloud」内にある「写真」をタップして、「iCloud写真」をオフにすれば今後は同期されなくなります。

iCloud写真がオフになっていると、写真や動画は撮影・保存した本体にのみ保存されるので、誤って必要なデータを消してしまうなどのミスをしないように気をつけましょう。

移せるデータは他のクラウドストレージやパソコンのHDDなどに移動させる

写真や動画などのデータをiCloudから削除したいものの、データそのものを無くしたくない場合は、削除前に他のクラウドストレージやパソコンのHDD等に移動させるのがおすすめです。

例えばGoogleフォトなら、無料で無制限に写真をアップロードできます。

パソコンからiCloudを開けば、必要な写真をHDDやSSD、接続したUSBメモリなどに保存可能です。

不要なアプリは同期をオフにする

iPhone等でiCloudの設定画面を開くと、同期されている様々なデータが一覧で表示されます。

不要なものは同期をオフにすればデータが今後保存されなくなるので、空き容量の増加を防げます。

プラン変更でストレージ容量を増やす

様々な対処法を行ってもなおストレージが足りない場合は、プラン変更を検討しましょう。

50GBプランなら月額130円と安価なので、比較的負担は軽くなっています。

自分にとって必要な容量を選び、プランを変更してみてください。

まとめ

iCloudを使えば、写真や動画など様々なデータをネットワーク上に保存し、自由に様々な端末で開けるようになります。

容量は無料だと5GBまでなので、不要なデータの削除や必要に応じてのプラン変更でうまくやりくりしましょう。

【パソコンお助け隊の関連サービス】