スクリーンショットがWindows10でできない?正しい使い方を解説!

> 【PR】無料で30日間お試しできるWi-Fi『THE WIFI』

パソコンの画面は、スクリーンショットという撮影機能を使えば、画像として保存し、いつでも確認できるのでとても便利です。

この記事ではWindows10のスクリーンショット方法や、スクリーンショットが出来ないときの対処法などを解説します。

スクリーンショットでパソコンの画面を画像として保存できる

パソコンに表示されている画面は、スクリーンショットという機能を使えば画像データとして保存可能です。

例えば会員サイトへ登録したときに設定された会員番号やパスワードを忘れないようにしたい時は、スクリーンショットをしておけば安心です。

スクリーンショットでは画面に表示されている内容がそのまま画像になるので、自分でメモをするよりも確実かつ迅速に正確な内容を記録できるのが魅力です。

Windows10でスクリーンショットをする方法

Windows10では、様々な方法でスクリーンショットができます。

主な方法を解説しますので、自分が使いやすいものを選んでスクリーンショットを行ってみてください。

PrintScreenキーを使う

PrintScreenキーを押すと、画面全体がクリップボードにコピーされます。

あとはペイントを起動して貼り付け、必要に応じて「トリミング」での切り取りやペンツール等での加工を行ったら、「ファイル」の「名前をつけて保存」から保存を行いましょう。

また「Windowsキー」と「PrintScreen」の同時押しをすれば、全画面を即座に画像ファイルとして「ピクチャ」内の「スクリーンショット」に保存できます。

専用のソフトを使ったスクリーンショット

「切り取り&スケッチ」というソフトを起動して、範囲を選択してスクリーンショットを行う方法もあります。

始めにソフトを起動するPrintScreen機能を使うよりも短い手順で色々なスクリーンショットの撮影・加工ができるので、必要に応じて活用してみてください。

Windows10でスクリーンショットができない理由は?

Windows10で、スクリーンショットができない場合の対処方法を解説します。

PrintScreenのキーは名称が違っている場合あり

PrintScreenのキーがない!という場合は、「PrtSc」など短縮した名称になっているケースがあります

小さいパソコンやキーボードでは、文字全体をキートップに書ききれないために省略されることがあるのです。

FnキーとPrintScreenの同時押しが必要な機種もある

Fnキーなど、他の操作とPrintScreenが同じキーにまとめられているパソコンやキーボードもあります。

PrintScreenのキーを単体で押しても反応しない場合は、Fnキーと同時に押してみましょう。

PrintScreenキーが完全に存在しない場合はマニュアルをチェック

スペースの関係で一切PrintScreen関連のキーがない機種もあります。

他のキーを複数同時に押せば同じ操作ができる可能性があるので、マニュアルをチェックしてみましょう。

どうしてもPrintScreenキーを使えない場合は、「切り取り&スケッチ」を起動してスクリーンショットを行ってください。

保存先に注意!OneDriveに保存される場合も

スクリーンショットの保存先を把握しておらず、どこに保存されたかわからないためにスクリーンショットができないと思ってしまっている可能性があります。

PrintScreen+ペイントや「切り取り&スケッチ」などで画像を保存する際は、どこに保存されるかしっかり確認・必要に応じて指定を行ってください。

迷ってしまう場合はデスクトップに保存すれば、すぐに画像を確認できます。

そしてOneDriveで画像などの自動保存を行っている場合は、PrintScreen+Windowsキーでスクリーンショットを撮影するとOneDrive内に保存されることにご注意ください。

OneDriveの設定画面にある「自動保存」のタブで「作成したスクリーンショットをOneDriveに自動的に保存する」のチェックを外せば、パソコン本体にスクリーンショットを保存できます。

パソコンの容量がいっぱいだとスクリーンショットはできない

HDDやSSDの容量が埋まってしまっていると、スクリーンショットは行えません。

いらない画像や動画、アプリケーションなどを消したり、外付けのHDD等へ移したりしましょう。

その他の操作もできない場合はキーボードの故障・電池切れ

スクリーンショット関連以外のキーも反応しない場合は、キーボード自体が故障したり、電池切れになったりしていると考えられます。

必要に応じてパソコンを修理したり、外付けのキーボードを接続したり、電池を交換したりしましょう。

まとめ

Windows10では、PrintScreenキーや「切り取り&スケッチ」などを利用してスクリーンショットができます。

スクリーンショットができない場合はPrintScreenのキーを確認したり、保存先の設定を気をつけたりといった対処法をチェックしてみてください。

Wi-Fiルーターをご検討中の方にオススメの
『THE WIFI』

  • 3キャリア回線による電波提供のため、従来の Wi-Fiルーターでの電波環境がよくなかった場所でもラクラク&高速接続。
  • ■その上で、データ通信容量無制限&速度制限ナシ
  • ■プラン契約者にはもれなく、15万か所以上のWi-Fiスポット利用も可能
  • ■海外132ケ国でも利用可能なため、そのまま Wi-Fiルーターを海外に持っていくだけ
  • ■5Gアップグレードプログラム対応

さらに今なら『30日間無料お試し体験』と『THE WiFiライト100GBプラン』で4ヶ月0円キャンペーンを実施中。Wi-Fiをお試ししたい人にもオススメです。

30日無料お試し可能なWi-Fi