Wi-Fiの種類とは?周波数と通信規格について詳しく解説!

Wi-Fiには周波数や通信規格によって電波の種類が異なります。ネットを使う目的に合った種類のWi-Fiを利用すれば、もっと快適にネットを使えるようになるでしょう。そこで今回は、Wi-Fiの種類について紹介します。

Wi-Fiの周波数の種類

普段利用しているWi-Fiの電波にも、周波数によって種類が分かれています。主に「5GHz帯」の周波数と「2.4GHz帯」の周波数があります。
ここからは、この2つの特徴について紹介します。

5GHz帯

Wi-Fiの5GHz帯の周波数は、対応している機器が少ないため電波干渉が少なく、通信が安定しているのが特徴です。

例えば、Wi-Fiの電波は電子レンジやBluetoothなどの電波とお互いに干渉してしまいます。
家庭内でさまざまな電波を使う機器を使っている場合は、通信が不安定になりやすいですが、5GHz帯の周波数を使えば安定した高速通信が使えます。

ただし、5GHz帯の周波数は障害物に弱いデメリットがあるので、壁や家具などによって電波が遮られてしまうと繋がりにくくなってしまいます。

2.4GHz帯

2.4GHz帯は5GHz帯と反対の性質を持っており、対応製品が多いのが特徴です。そのため、壁・天井・家具などの障害物があったとしても、電波が届きやすいのがメリットです。

そのため、部屋の数が多かったり2階でパソコンなどを使ったりする場合は2.4GHz帯の周波数を使うと良いでしょう。

ただし、対応製品が多い分、電子レンジやBluetoothなどの電波が干渉してしまい、速度が低下しやすくなってしまいます。

Wi-Fiの通信規格の種類

5GHz帯と2.4GHz帯の中には、さまざまな通信規格がありそれぞれ特徴が異なります。では、通信規格によってどのような特徴があるのか見ていきましょう。

IEEE 802.11a

「IEEE 802.11a」は5GHz帯の周波数を用いた通信規格の1つで、最高54Mbpsで通信できる仕様です。最初の通信規格が「IEEE 802.11」であり、次に生まれたのが「IEEE 802.11a」であるため、第2世代の通信規格の1つです。

IEEE 802.11b

「IEEE 802.11b」は「IEEE 802.11a」と同じ時期に誕生した第2世代の通信規格です。「IEEE 802.11a」と異なり、2.4GHz帯の周波数を使用しており、通信速度は高速ではないものの、対応している機器が多いのが特徴です。

IEEE 802.11g

「IEEE 802.11a」と「IEEE 802.11b」の次に生まれたのが、両方のメリットを活かし課題を克服した「IEEE 802.11g」です。2.4GHz帯の周波数の通信規格で対応している機器は多いですが、5GHz帯と同じ通信速度を実現しています。

IEEE 802.11n

Wi-Fiの通信規格の技術が大きく発展して誕生したのが「IEEE 802.11n」です。5GHz帯と2.4GHz帯の両方に対応した通信規格であり、最大通信速度は600Bbpsまで上がりました。

2009年に登場した通信規格ですが、高速通信と対応機器の多さから今でも利用している方は多いでしょう。

IEEE 802.11ac

現在の高速通信を支えている通信規格が「IEEE 802.11ac」です。「IEEE 802.11ac」は5GHz帯の周波数で最大通信速度は6,900Mbpsの第5世代の通信規格です。今までの「IEEE 802.11n」と比較すると10倍以上の速さになり、通信が安定しています。

IEEE 802.11ax

最も新しい通信規格は2019年に登場した「IEEE 802.11ax」です。さらに高速通信を実現しただけでなく、5GHz帯と2.4GHz帯の両方に対応しています。最大の特徴はどの通信規格よりも、理論上の速度ではなく実際の速度が速いことです。

通信規格による速度の違い

ここまで紹介した通信規格の速度を以下の表にまとめました。Wi-Fiルーターを選ぶときの参考にしてください。

通信規格 周波数 最大通信速度(理論値)
IEEE 802.11a 5GHz帯 54Mbps
IEEE 802.11b 2.4GHz帯 11Mbps
IEEE 802.11g 2.4GHz帯 54Mbps
IEEE 802.11n 5GHz帯/2.4GHz帯 600Mbps
IEEE 802.11ac 5GHz帯 6,900Mbps
IEEE 802.11ax 5GHz帯/2.4GHz帯 9,600Mbps

まとめ

Wi-Fiのルーターを選ぶときは、対応している通信規格をチェックするのがおすすめです。古い通信規格にしか対応していないものだと、ネットの通信プランが高速だったとしても、速度は出ないので注意してください。

また、家の構造や使っている電化製品、家具や間取り、ネットを使う目的に合った通信規格を選ぶようにしましょう。