働き方改革におけるテレワークとは?メリットだけでなくデメリットも把握しておこう!

さまざまな人材・労働力を確保するための「働き方改革」。その働き方改革を推進するために「テレワーク」を採用する企業が増えています。テレワークにはメリットとデメリットがありますので、テレワークをしっかりと定着させるためには適切な準備が必要になるでしょう。
今回は働き方改革におけるテレワークについてご紹介します。

働き方改革とテレワーク

働き方改革の影響でテレワークの注目度が増しています。まずは、理解を深めるためにも「働き方改革」と「テレワーク」について概要を見ていきましょう。

そもそも働き方改革とは?

働き方改革とは、厚生労働省によると「働く人々が個々の事情に応じた多様で柔軟な働き方を、自分で選択できるようにするための改革」とされています。

この背景には、人口減少による労働力不足が深刻化している課題があります。また、ライフスタイルが多様化しているため、働く人の選択肢を増やす必要があることも大きな課題の1つといえるでしょう。

このような労働力不足を解消するために、「働き手を増やす」「労働生産性を上げる」対策としてテレワークが注目されています。

テレワークとは?

テレワークとは「tele(離れている)」と「work(働く)」を合わせた造語です。自宅に限らずオフィス以外の場所で仕事をすること全般を指す用語です。

テレワークにはさまざまな課題があるものの、育児や介護などの理由で仕事ができなかった方でも業務に参加できるようになることから、労働力を確保する有効な方法として注目されています。

また、新型コロナウイルスの影響により外出や出勤が制限されるといった場合でも、テレワークへの対応は事業の継続性を確保するためにも導入を進めておくべきといえるでしょう。

テレワークのメリット

テレワークは先述の通り、今まで通勤などの課題により業務を行えなかった方でも、仕事に参加できるようになるため「労働力を確保しやすい」というメリットがあります。

ただし、それ以外にもメリットがあるので、どのようなものか見ていきましょう。

コスト削減になる

まず、テレワークの企業側の大きなメリットに「コスト削減」に繋がる点があります。従業員が出社する必要がなくなれば、企業が負担している交通費が不要になります。多くの方がテレワークに移行すれば、広いオフィスも不要になるでしょう。

オフィスの規模を縮小できれば、今まで支払っていた地代・家賃などを大幅に削減できます。また、会議で使用する資料なども印刷することがなくなることから、紙代・インク代も削減できるでしょう。

他にもクラウド環境に資料のデータを保管しておけば、紙を保管するスペースも不要になることから、大きなコスト削減に繋がります。

ワークライフバランスを整えられる

テレワークにより削減できるのは交通費などのコストだけではありません。通勤にかかっている時間も不要になります。例えば、自宅から会社まで通勤に1時間かかっている方であれば、往復で2時間も必要になるでしょう。

1ヶ月で20日稼働だとすれば、合計40時間も使っていることになります。テレワークにより通勤時間をカットできれば、その分自由に使える時間を確保できるようになり、ライフスタイルを充実させる時間に活用できるでしょう。

テレワークのデメリット

テレワークのメリットは多いですが、注意すべきデメリットもあります。ここからはテレワークにはどのようなデメリットがあるのか見ていきましょう。

勤怠管理が難しくなる

働き方改革推進のためにテレワークを導入する企業は増えていますが、多くの企業で勤怠管理が適切に行われていないという事態に陥っています。例えば、今までタイムカードを使っていた場合であれば、出勤と退勤時間から労働時間を把握できます。

しかし、テレワークになると各従業員の自己申告になることが多くなるため、本当の労働時間が分かりにくくなるのです。正確な労働時間をカウントするために、さまざまな工夫が必要になるでしょう。

コミュニケーションが取りにくくなる

テレワークの場合、従業員間のやり取りはチャットやメール、テレビ会議などが中心になります。対面と違い相手の表情が分かりにくかったり、通信不良によって音声が届かなかったりするなど、さまざまな問題が発生する可能性もあります。

特に複数人で音声会議などを行っていると、途中で音声が途切れたり遅れたりすることで、適切なコミュニケーションが取りにくくなることもあります。

まとめ

テレワークは働き方改革を推進する有効な方法の1つです。仕事に参加できる従業員が増えたり、さまざまな人材を採用できるようになったりすることから、労働力を確保する方法として注目されています。

しかし、テレワークはメリットだけでなくデメリットもあるので、適切な環境を整えることが重要です。注意点を把握しておかなければ、かえって問題が発生しかねません。

テレワークの理解を深めて、適切な働き方改革を実現しましょう。