スマホの通信制限対策 回避するための5つの効果的な方法を紹介!

スマホでインターネットやアプリなどを頻繁に利用していると、「通信制限」がかかることがあります。この通信制限は1ヶ月に決められたデータ容量以上のネット通信を行うとかかるもので、通信速度が遅くなり非常に不便になります。
そこで今回は、通信制限がかからないようにするための対策を紹介します。

なぜ通信制限がかかる?

普段利用しているスマホやパソコンのネットワークには、容量の限界があります。例えば、一部のヘビーユーザーが膨大な量のデータ通信を行っていると、容量を圧迫してしまい、他の人がスムーズにネット通信を使えなくなってしまいます。

通信制限による速度制限などの措置は、全体のユーザーが公平にネットワークを利用できるためのものです。基本的にどの携帯キャリアと契約をしても「一定の通信使用量を超えると通信速度を低速に制限する」というルールを設けています。

通信制限にかかると低速になる

通信制限がかかると通信速度が低速になる「速度制限」がかかります。通常時の通信速度は各キャリアによって変わりますが、10Mbps以上あればある程度ストレスなく利用できると言われています。

通信速度がかかってしまうと、各社の通信制限時の速度は128kbpsが一般的なので、1/10~1/100ほどの速度になってしまうでしょう。

このような速度になってしまえば、インターネットの検索でも、通販サイトなど容量が大きいサイトを開けなくなる可能性があります。動画であれば読み込むことができず、視聴するまでに時間がかかることもあります。

速度制限を解除する方法

基本的にこの速度制限を解除する方法は、追加料金を支払うことで一定のデータ容量を追加することができます。この容量と価格は各キャリアによって異なります。

 

ドコモ 1,000円/1GB
au 550円/0.5GB

1,000円/1GB

3,000円/3GB

5,000円/5GB

ソフトバンク 1,000円/1GB

 

基本的に1GB1,000円で追加できると考えておくと良いでしょう。

通信制限がかかりやすい人の特徴

通信制限は普段利用しているネットやアプリなどで、容量が大きいコンテンツを閲覧・使用している方がかかりやすいです。例えば、同じ動画でも高画質なものだと容量は大きくなります。

動画は画像と音声が組み合わさったコンテンツなので、データ容量を圧迫しやすいのです。また、動画サイトで視聴するだけでなく、SNSなどで流れてくる動画などを頻繁に閲覧することでもデータを消費してしまいます。

他にも、グラフィックが綺麗なゲームなども容量は大きいでしょう。このように普段から、動画サイト・SNS・ゲームなどを利用している方は通信制限がかかりやすいです。

また、スマホでテザリングをして、パソコンでネット利用することが多い方も、データ容量を大きく使うので、注意が必要です。

通信制限にかからないようにする対策

通信制限にかからないようにするためには何か対策を考えましょう。ここからは通信制限にかからないようにするための対策を紹介します。

自分に合ったプランを利用する

データ通信容量が上限に達し、データ容量を追加することが多い方は、容量が大きいプランに切り替えるのがおすすめです。

例えば、上限5GBの方で6~7GBほど利用する月が多い場合は、月額料金は高くなりますが1つ上のデータ容量が大きいプランに切り替えると良いでしょう。始めから大きい容量のプランにしていた方が、後からデータを追加するよりも安くなるケースが多いです。

動画の画質を落とす

どうしても動画を楽しみたいという方であれば、動画の画質を落とす対策がおすすめです。動画の画質を落とすだけで容量は軽くなり、同じ時間の動画であれば普段よりも多く視聴できます。

たとえばYoutubeでは、「Wi-Fi環境以外では画質を落とす」設定も可能ですので、試してみると良いでしょう。

参考:YouTube  動画の画質を変更する

SNSの動画の自動再生をOFFにする

SNSを頻繁に利用する方の場合、タイムライン上に流れてくる動画が再生されることでデータを消費してしまいます。

自分が見てないつもりの動画の分もしっかり消費されてしまっているので、自動で動画が再生されないように設定すれば、データ容量の節約に繋がります。

参考:Twitter アプリから動画の自動再生を止める

自宅のWi-Fiを利用する

自宅のネットに接続する設定を行っていない方は意外と多いです。家庭用のインターネットは基本的に定額使い放題であるため、自宅でスマホを利用することが多いのであれば、自宅のWi-Fiを接続しておきましょう。

このように自宅のWi-Fiと設定しておけば、自宅で利用している間はデータ容量は消費されません。

ポケットWi-Fiを使用する

外出先でスマホ・パソコンでネットを利用することが多い方は、ポケットWi-Fiを利用するのがおすすめです。スマホでテザリングを行いパソコンでネットを使用すると、データ消費が大きくなってしまいます。

データ容量が無制限のポケットWi-Fiを利用すれば、定額料金は発生しますが、たくさん利用しても通信制限がかかることはありません。

まとめ

スマホに通信制限がかかり低速になると、普段利用しているネットやアプリの読み込みが遅くなってしまうので非常に不便になります。普段からデータ容量を節約するようにスマホを使っていれば、通信制限を防ぎ、データ追加の料金を節約できます。

通信制限の対策を把握して、快適にスマホを利用しましょう。

【パソコンお助け隊の関連サービス】