デスクトップとノートはどっちが良い?パソコンを選ぶときの判断基準を紹介

デスクトップパソコンの特徴について

デスクトップパソコンとは、言葉の通り、机の上に配置して使われるコンピュータのことを指します。 企業ではもちろん、家庭でも仕事に使える本格的なスペックが備わっていることが多いです。 以下に、まずはデスクトップパソコンのメリット・デメリットを解説していきます。

コストパフォーマンスが高い

デスクトップパソコンは、そのコストパフォーマンスの高さがメリットとして挙げられます。
高性能を安価に利用できるという点は、購入の理由になるでしょう。
近年はノートパソコンの性能も高まっていますが、動画編集や専用のソフトを用いた負荷のかかる作業をするのなら、デスクトップパソコンのスペックが魅力となります。
用途によってはデスクトップパソコンでなければ使いづらさを感じることもあるでしょう。

高スペックの端末をノートパソコンで用意しようとする場合、値段も高価になることが珍しくありません。
「それなりの性能がほしいけど、なるべく価格を抑えたい」
そういった場合には、どっちかといえばデスクトップパソコンがおすすめされるでしょう。

拡張性の高さ

デスクトップパソコンは、その拡張性の高さも魅力となっています。
本体以外のパーツ、たとえばキーボード、ディスプレイ、マウスなどは自由に選べるため、自分の使いやすいスタイルを実現できます。
パソコンの利用環境にこだわりがある場合には、カスタマイズ性を有するデスクトップパソコンに分があると言えるでしょう。

デスクトップパソコンは関連する知識があれば、中のパーツなども必要に応じて変えていくことができます。
データ容量を増加したり、グラフィックボードを変更して映像を美しくしたりといったことにも対応してくれるのです。
後から自分に合ったスペックに変えていける自由度も、デスクトップパソコンの魅力となります。

・今後どの程度のスペックが必要になるかわからない
・パソコンそのものに興味がある

そう言った方には、デスクトップパソコンの拡張性が役に立つでしょう。

持ち運びができず、一定のスペースが必要

一方で、デスクトップパソコンは持ち運びができない点や設置スペースが必要な点がデメリットになります。
自宅だけでなく、コワーキングスペースなどの外出先でパソコンを使う予定があるのなら、デスクトップはかなり使いづらくなります。

最近ではデスクトップパソコンも小型化が進んでいますが、それでも一定のスペースが設置のために必要です。
配線の都合で設置後は動かすことも難しくなるので、計画的な購入が必要とされるでしょう。

どっちを買うか悩んでいる場合には、持ち運びの可能性と設置スペースの有無から考えてみてください。

ノートパソコンの特徴について

ノートパソコンは、ディスプレイやキーボードといった各種機器をまとめて構成したコンピュータです。
コンパクトなため持ち運びに適していて、会社や自宅での同時利用もしやすくなっています。

続いて、ノートパソコンのメリット・デメリットを解説します。

気軽な持ち運びによる柔軟性

ノートパソコン最大の特徴は、その持ち運びのしやすさによって実現される柔軟性です。
近年は軽くて薄いものが主流なので、そのときに応じて気軽にパソコンを移動させることができます。
そのため「自宅で簡単な作業を行いつつ、会社に持っていって続きをする」といった、自由な使い方も可能です。
使う場所を選ばないことから、出張が多い人や外での仕事の方が捗るといった人にメリットがあるでしょう。

ノートパソコンには外部からデバイスを装着できるので、ディスプレイをつなげてデスクトップの代わりとして使うこともできます。
大画面で作業をしたいときにも、準備次第で対応できるのがポイントです。
デスクトップとノートのどっちも使いたいという場合には、「ノートパソコンのデスクトップ化」もおすすめされます。

購入後すぐに使い始めることができる

ノートパソコンにはキーボード、タッチパッド、ディスプレイといった必要なパーツが標準装備されているので、すぐに利用を開始できます。
特にパーツを買い足す必要もないことから、パソコンにそれほど詳しくない人でも使いやすいというメリットがありあす。

配線も基本的には電源のみで、充電による稼働可能時間も年々伸びていることから、コードレスのすっきりとした状態で使用できます。
パソコンに対して「難しい」「とっつきづらい」という印象を持つ人ほど、ノートタイプがシンプルで使いやすく感じられるでしょう。

充電管理や修理の必要性はデメリット

ノートパソコンには、デスクトップとは違って充電の管理が必要というデメリットもあります。
長時間の持ち運びの際には、電源タップやモバイルバッテリーが必要になることもあるでしょう。

また、ノートパソコンは基本的に内部のパーツを自由に交換できないので、故障や不具合があった場合には修理に出さなければなりません。
修理内容によっては長期的にノートパソコンが使えなくなるといったリスクがあることも考慮する必要があります。

どっちを選ぶか悩んだときのポイント

デスクトップパソコンとノートトップのどっちを選ぶか悩んだときには、以下のポイントを軸に考えてみることがおすすめされます。

・いつ使うのか(仕事なのかプライベートなのか、もしくは併用なのか)
・どこで使うのか(持ち運びやすさは必要か)
・何に使うのか(作業に必要なスペックを確認する)
・パソコンで何をしたいのか(今後性能の拡張が必要か考える)

このような情報をもとにすることで、デスクトップとノートのどっちが良いか判断しやすくなります。

利用環境や用途によって、ベストなパソコンのスタイルは変わります。
必ずしも「デスクトップの方が良い」「ノートの方が良い」ということはないので、まずは購入理由・利用目的から考えてみましょう。

まとめ:デスクトップとノートにはどっちにも魅力がある!

デスクトップパソコンにもノートパソコンにも、それぞれ魅力があることがわかりました。
最終的には各メリット・デメリットを考慮して、自分に合ったものを選択する必要があるでしょう。

自分の環境や用途を改めて確認し、自分にとっての最適なスタイルがどっちになるのかを考えてみてください。

【パソコンお助け隊の関連サービス】