パソコンの重要なパーツであるCPUとは?基本情報とチェックポイントを解説!

パソコンの中でも重要なパーツの1つである「CPU」。しかし、パソコンに詳しくない人からするとCPUがどのようなものか分かりにくいでしょう。そこで、今回はCPUがどのようなものか詳しく紹介します。

CPUの基本的な情報

CPUはパソコンにとって非常に重要なパーツの1つです。実際にCPUはパソコンを選ぶときに重要なポイントになります。しかし、初めてCPUのことを聞く人からすると、どのようなものなのかイメージが湧かないでしょう。ここからはCPUの基本的な内容を見ていきましょう。

CPUとは?

CPUとは「Central Processing Unit」の略であり、日本語にすると「中央演算処理装置」になります。パソコンの頭脳のようなパーツであり、名前の通り、パソコン上の計算などの処理や制御を行います。このCPUの性能が良ければ、高速で計算や処理を行うことができるでしょう。

性能が良いCPUを使うメリット

性能が良いCPUはそれだけ計算や処理のスピードが上がります。

例えば、パソコン上で容量が大きいファイルを開こうとするときや、複雑な計算式・プログラムの指示を入力・演算するとき、複数のアプリケーションを同時に開くときなど、CPUの性能が高くなるほど、スムーズに作業できるようになります。

CPUの確認方法

パソコンのCPUを確認する方法はいくつかあります。代表的な確認方法は、タスクバーにあるフォルダマークの「エクスプローラー」を選択し、左側のメニューの中から「PC」を探してください。

「PC」のアイコンを右クリックしてプロパティを開くと、コンピューターの基本的な情報が表示されます。
その中のシステム>プロセッサの部分にCPUの情報が記載されています。

他の方法は、Windowsボタンからコントロールパネルを開き、「システムとセキュリティ」→「システム」を選択し、「RAMの量とプロセッサの速度の表示」を開くとCPUの情報を確認できます。

CPUの性能を確認するポイント

CPUは種類によって性能が変わります。では、CPUのどのようなポイントをチェックすれば良いのか紹介します。

コア数

コアとはコンピュータの核となる部分のことであり、計算などの処理を行います。コアは人間の頭脳と例えられることも多く、多くなるほどできることが増えていきます。つまり、コアの数が多いCPUの方が処理を行えるキャパシティが大きくなり、効率良く処理できます。

特に複数の作業を同時に行う場合はコアの数が重要になってきます。例えば、パソコンで音楽を聴きながらアプリケーションを開き、ネットで検索するなど3つのことをするときコアが1つのものと、コアが4つのものでは4コアの方がストレスなく作業できます。

スレッド数

スレッドとは同時に作業できる作業数の単位のことです。スレッド数が多ければ同時に作業できる処理が多くなるので高性能になります。基本的にコア数が増えればスレッドの数も増えますが、同じコア数でも同じスレッド数になるとは限りません。

例えば、1コア1スレッドのCPUもあれば、1コア2スレッドのCPUもあり、後者の方は4つの作業を同時に処理できるので、作業効率は良いといえるでしょう。

クロック周波数

クロック周波数とは回路の処理歩調を合わせる信号(クロック信号)があり、このクロック信号が1秒間に何回発生するかを示したものです。

このクロック周波数が大きくなると信号の発生回数が増え、1秒間に計算できるスピードが速くなります。

キャッシュ

キャッシュとはCPU内にある高速処理できるメモリのことです。処理は速いですが保存できる容量はそこまで大きくありません。主にメインメモリの負担を軽減するために使われています。

頻繁に読み込むデータをキャッシュメモリに保存しておくことで、メインメモリの負担を減らすだけでなく、そのデータを読み込むときのスピードも速くなります。キャッシュは1次キャッシュから3次キャッシュまであり、1次キャッシュの方が高速で3次キャッシュになるほど低速になります。

1次キャッシュと2次キャッシュを搭載したCPUがほとんどですが、中には3次キャッシュを搭載したものもあります。キャッシュメモリの数が多い方が、一時保管できるデータの量は多くなるので処理も速くなるといえるでしょう。

バススピード

バススピードとはCPUとそれ以外のパーツのやり取りにかかる速度のことです。バススピードが速いCPUの方が、高性能なCPUになります。近年では、このバススピードの違いはなくなってきているので、あくまでも目安として考えると良いでしょう。

まとめ

キャッシュとはパソコンなどのコンピュータの頭脳のようなパーツのことで、パソコン本体の処理速度に大きく関係しています。もし仕事や趣味などで、大きなファイルを取り扱う作業をしたり、動画編集など処理が大きい作業をする場合は、CPUのスペックを確認してパソコンを選ぶのがおすすめです。

高性能なCPUを搭載したパソコンであれば、高速処理が可能になり、ストレスなく作業を行うことができます。目的に合ったCPUのパソコンを選んで快適に作業を進めましょう。