GoogleEarthで地図の表示スタイルを切り替えて楽しもう

> 【PR】無料で30日間お試しできるWi-Fi『THE WIFI』

世界中を探索できるGoogleEarth。様々なスタイルで地図を見ることができるのをご存知でしょうか?

用途に合わせて表示を変えて活用するのはもちろん、表示を切り替えて楽しむこともできます。

ここでは、パソコン用のソフトウェア「GoogleEarthPro」を使って、色々な地図への切り替え方をご紹介していきます。

使い方を知ることで、自分好みの地図にできることはもちろん、探索する際の楽しみ方が増えること間違いなしです。

境界線や地名を表示する

GoogleEarthを起動すると、左側にパネルが表示されます。

[レイヤ]という項目があり、その中に[境界線や地名]という表示があるのでチェックを入れてみましょう。

さらに、細かい分類で表示のON/OFFを設定することができます。

・国境:国境を表示します。

  [黄色線] 決められた境界線

  [赤色線] 係争中の国の境界線

  [オレンジ線] 暫定の境界線や条約で決められた境界線

・国/地域名:拡大すると、国名や地域名を表示します。

・海岸線:陸地と海の境界を[黄色線]で表示します。

・都道府県/州境界:拡大すると、都道府県や州の境界を[薄紫色]で表示します。

・都道府県/州名:拡大すると、都道府県名や州名を表示します。

・市区郡町村:市区町村郡の境界線を[薄緑色]で表示します。

道路を強調した地図を表示する

道路を強調して表示することもできます。

[レイヤ]の[道路]にチェックを入れてみましょう。

道路線や道路名称、国道番号が表示されます。

過去の地図を表示する

GoogleEarthの面白い機能のひとつとして、過去に遡って昔の地図を見ることができます。

時計アイコンのボタンをクリックすると、時間スライダーが表示されます。

スライダーを動かしてみましょう。

過去の地図が表示されます。

過去に遡ると、その土地がどのように変化してきたかがよくわかりますね。

火星や月、宇宙に行く

GoogleEarthは地球だけではありません。月や火星、宇宙も表示することができます。

特に「星空」に行くときは、ワクワクするアニメーションなので、是非試してみましょう。

地図上に表示されているアイコンはクリックすることができ、詳しい説明を見ることができます。

月のガイドツアーはアポロ計画のものが見れるなど、夢があり、楽しいのでおすすめです。

3Dで表示する

3D表示することで、立体的な地球を見ることができます。

山の高さやビルの高さもよくわかります。

3Dでは地平線も見えるなど、壮大な景色を楽しむことができます。

山を見るのも楽しいですが、街なかやスカイツリーなど特別高い建物は見甲斐があります。

日照を地図に表示して、日の出を見よう

3Dの表示ができたら、日照を表示してみましょう。

日の出から日没、夜中まで、地球の一日の様子をみることができます。

時間スライダーは、24時間分動かすことができるので、星空の星の動きも見ることができます。

各国の景色の良い場所の日の出、夕日を楽しむことはもちろん、

引越し先の時間ごとの日当たりを確認するなどにも使えそうです。

 

まとめ

GoogleEarthProでの、色々な地図の表示方法をご紹介してきました。

地球を飛び出し宇宙まで、そして現在から過去まで、膨大な情報量が無料で楽しめるとは驚きですね。

しかも、情報は日々更新されているので、是非色々な表示で色々な場所を探索してみてください。

Wi-Fiルーターをご検討中の方にオススメの
『THE WIFI』

  • 3キャリア回線による電波提供のため、従来の Wi-Fiルーターでの電波環境がよくなかった場所でもラクラク&高速接続。
  • ■その上で、データ通信容量無制限&速度制限ナシ
  • ■プラン契約者にはもれなく、15万か所以上のWi-Fiスポット利用も可能
  • ■海外132ケ国でも利用可能なため、そのまま Wi-Fiルーターを海外に持っていくだけ
  • ■5Gアップグレードプログラム対応

さらに今なら『30日間無料お試し体験』と『THE WiFiライト100GBプラン』で4ヶ月0円キャンペーンを実施中。Wi-Fiをお試ししたい人にもオススメです。

30日無料お試し可能なWi-Fi

最新のiPhone13にも対応

失ったデータまだ取り戻せるかも