Wi-FiルーターのAPモードとRTモードとは?使い分けを詳しく解説!

Wi-Fiルーターを使うときには、適切なモードで使用するのがおすすめです。Wi-Fiルーターには、AP(アクセスポイント)モードと、RT(ルーター)モードの2種類あり、それぞれ役割が異なるので注意しましょう。
そこで今回は、Wi-FiルーターのAP(アクセスポイント)モードとRT(ルーター)モードについて紹介します。

Wi-FiルーターのAPモードとRTモードとは?

Wi-Fiルーターには、AP(アクセスポイント)モードと、RT(ルーター)モードの2種類あります。Wi-Fiルーターを使う上で重要なモードなので、この2つはどのようなものなのか見ていきましょう。

RTモード

RTモード(ルーターモード)は、パソコンやスマホなどの複数の端末を同時にインターネットに接続させることができる機能です。

インターネットを利用する際には「モデム」が必要になり、ルーターがないモデムのみの環境だと、インターネット回線1つにつき1つのパソコンしか接続できません。

そこで、Wi-Fiルーターを接続してRTモードを利用することで、パソコンやスマホなどを同時にインターネットに接続することができます。

Wi-Fiルーターを利用してインターネット接続を行うときは、このルーター機能を使う必要があります。

APモード

APモードとは「アクセスポイントモード」「ブリッジモード」と呼ばれる機能であり、無線接続することができます。このAPモードを使用するとき(アクセスポイント機能を使うとき)は、ルーター機能が無効になるため、アクセスポイント機能として使いたい場合のみに使用します。

Wi-Fiの接続状況によって使い分けますが、モデムなどにルーター機能がない場合は、Wi-Fiルーターで利用することは少ないです。

APモードはどんなときに利用する?

ルーターにはRTモードとAPモードの両方があり、APモードをオンにするとアクセスポイント機能としてしか働かないので、複数のパソコンやスマホなどを接続するときはRTモードのみを使用します。

では、APモードはどのようなときに利用するのでしょうか。

それは、ルーター機能が2重になってしまうときに、1台をAPモードに設定します。最近では、プロバイダから提供されるモデムなどにルーター機能とアクセスポイント機能が備わっているものが多いです。

ただし、通信速度が高速かどうかは機種によるため、速度を上げたいときは高性能なWi-Fiルーターを接続します。このとき、どちらともルーター機能がオンになっていると、ネット回線が混線してしまい通信速度が遅くなってしまいます。

そこで、モデムをAPモードにすることでルーター機能がオフになり、Wi-FiルーターをRTモードにすることで回線が混線することを防ぎ高速通信を実現し、複数の端末と接続できるようになります。

2重でRTモードにするメリット

基本的にRTモードが重複してしまうと、回線の速度は下がってしまうのでデメリットの方が大きいです。しかし、場合によってはRTモードを2重にした方が良い場合もあります。

RTモードを2重にするとより多くの端末を有線・無線接続できるようになります。パソコンやスマホ以外にも、プリンターやIoT機器が多くある場合はRTモードを2重にする方が良いかもしれません。

この場合は、通信速度は遅くなってしまう可能性が高いので、通信の品質よりもWi-Fi接続することを優先するときに使います。

最近のWi-Fiルーターは接続台数が多い

RTモードを2重にすることで接続台数が多くなりますが、最近のWi-Fiルーターは同時接続できる台数も多くなり、中には50台以上に対応しているものもあります。

もし接続台数が多くなる場合は、ルーター機能を2重にするのではなく新しいWi-Fiルーターを用意した方が、通信速度を落とすことなく快適なネット環境を構築できるでしょう。

また、最近のモデムやWi-Fiルーターの場合、2台ともルーター機能がオンになっていると、その状態を自動で検出し、自動的にオフにする機能を持つものもあります。

Wi-Fiルーターを購入するときや、ネット回線を契約するときはモデムやWi-Fiルーターの機能を確認し、ルーター機能が重複しないように接続するのがおすすめです。

まとめ

Wi-FiルーターにはAP(アクセスポイント)モードとRT(ルーター)モードの2種類あり、それぞれ役割が異なります。

RT(ルーター)モードはパソコンやスマホなどの複数の端末を同時にインターネットに接続させることができる機能であり、AP(アクセスポイント)は無線接続する機能です。

また、AP(アクセスポイント)モードはルーター機能をオフにすることができるので、モデムとWi-Fiルーターを並べて2台接続するときに、片方をAP(アクセスポイント)モードにして使います。

AP(アクセスポイント)モードとRT(ルーター)モードを上手く使い分けて、Wi-Fiルーターを適切に使いましょう。