Macが起動しない場合はどうする?起動しないときの原因と対策を紹介!

Macをしばらく使っていると突然起動しなくなることがあります。急にMacが使えなくなると焦ってしまうので、起動しなくなる原因と対策を押さえておくのがおすすめです。そこで今回は、Macが起動しない原因と対策について詳しく紹介します。

Macが起動しない原因

Macが起動しない場合、いくつかの原因が考えられます。原因によって対処法が異なるので、まずはどのような原因があるのか見ていきましょう。

電源類の異常

まず最初に考えられることは、電源類の異常です。この場合、どのボタンを押しても反応がないことが特徴です。

Macが起動しないときは、電源がしっかりコンセントにささっているか、電源ケーブルがしっかりと入っているか確認しましょう。デスクトップ型のMacの場合は、ケーブルが抜けていたり断線していることが多いです。

もしケーブルなどに問題がない場合は、Mac本体かケーブルの内部に異常が起きている可能性があります。ケーブルを交換してみて起動するようであれば、ケーブルに異常がありますが、それでも起動しない場合は本体の電源に異常があります。

OS類の異常

OSなどのシステムに異常があって起動しない場合は、電源自体は入ってもその先の起動画面に進まないことがあります。この場合は、以降の対処法で説明する方法を試してみましょう。

物理的な損傷

Macを落としてしまうなど、内部のパーツが損傷してしまうと、電源が入らず起動しないこともあります。この場合は、基本的に修理になるので注意しましょう。

Macが起動しない場合の対応策

Macが起動しない場合は、修理に出す前にいくつか試してみたいことがいくつかあります。ここからはMacが起動しない場合の対応策を紹介します。

SMCリセット

SMCとは「システム管理コントローラー」のことであり、Macの電源系の制御システムです。SMCリセットを行うことで、電源系のシステムに障害が発生している場合は異常を回復できる可能性があります。

このSMCリセットの方法はMacの種類によってやり方が異なりますが、基本的な方法は以下の通りです。

Macノート:「shift + control + option」キーと電源ボタンを10秒以上長押し
Macデスクトップ:電源コードを外してしばらく待ち、再びコードを接続して5秒後に電源を入れる

ただし、このSMCリセットはMac本体に大きな負担をかけてしまうので注意してください。

PRAMリセット

PARMとはMacを構成するパーツ(システム)の1つで、ユーザーによるさまざまな設定などの情報が含まれています。このシステムに異常が発生すると、OSが起動できなくなることがあります。

そのため、PRAMに含まれる設定情報をリセットすることで、OSを起動させられる可能性があります。もし、PRAMを行っても起動できない場合は、Mac本体が故障している可能性が高いでしょう。

このPARMリセットの方法は、電源を入れてすぐに「option + command + P + R」を同時に長押しします。20秒ほど長押しすれば完了です。

セーフモードで起動

PRAMリセットでも起動しない場合は、セーフモードでの起動を試しましょう。セーフモードは、必要最低限の機能だけで起動する方法です。そのため、セーフモードで起動できる場合は、システム系に何か異常が発生していると判断できます。

セーフモードのやり方は簡単で、電源を入れて起動音がしたときにshiftキーを長押しするだけです。

リカバリーモードで起動

OSやハードディスクに異常があるときにもMacは起動ができなくなってしまいます。この場合は、リカバリーモードで起動することでOSの再インストールやハードディスクの修復を行えます。

リカバリーモードを実行するためには、電源が切れている必要があるので、電源を入れてライトがついても画面が暗い場合などは、一度電源を完全に落としてください。

電源が完全に切れたことを確認したら、電源を押して「command」と「R」を長押しします。Appleのロゴマークが出てきたらキーを離して大丈夫です。

リカバリーモードを使って復元する場合は、あらかじめバックアップを取っておく必要があるので注意しましょう。

それでも直らない場合は、Appleストアへ

ここまでの方法を試してもMacが起動しない場合は、システムや内部のパーツが故障している可能性が高いです。その場合は、Appleストアやパソコン修理店に持ち込み修理してもらう必要があるでしょう。

Appleストアの場合、修理に出すとパソコン内部に保存されているデータが消えてしまう可能性があるので、事前にバックアップを取っておくことが大切です。特に、古くなったMacは起動しなくなる可能性が高いので、小まめにバックアップを取るようにしましょう。

まとめ

Macは何かの異常によって起動しなくなることがあります。些細な原因によって起動しないこともありますが、場合によっては内部のシステムやパーツが故障している可能性もあります。

今回紹介した方法の中で、リカバリーモードで起動しOSを再インストールする以外の方法であれば、データがなくなるリスクは少ないので、試してみると良いでしょう。修理に出す前に、起動しない原因が分かればスムーズに復旧できますよ。