パソコンの電源がつかない時はどうする?試すべき対処法を紹介!

パソコンの電源がつかなくなってしまった時は、修理に出す前に様々な対処法を試してみることで、再び起動できるようになる可能性があります。

この記事では、パソコンの電源がつかないときに試したい対処方法を紹介します。

パソコンの電源がつかない原因と対処法

パソコンの電源がつかなくなってしまった時は、いくつかの対処法を試してみましょう。

完全に壊れてしまったわけではなく、何か不具合が発生しているせいで一時的に起動できなくなってしまっているだけの可能性があるためです。

なお、パソコンは精密な機器なので、作業工程を間違えてしまったり、誤って触ってはいけない場所を触ってしまったりするとかえって状況が悪化してしまうこともあります。

そのため自分には難しいと感じた対処法は、無理に試さないことをおすすめします。

電源コードが抜けていると電源が入らない

デスクトップPCはバッテリー搭載ではないため、コンセントと機器が電源コードでしっかりつながっていなければ起動できません。

例えば掃除のときに足を引っ掛けてケーブルを抜いていたら、パソコンは起動しなくなってしまいます。

壁のコンセントでなくマルチタップにケーブルを接続している場合も、間違えて通電ボタンをオフにしてしまっていたら電源は入りません。

非常にシンプルなミスだからこそ発生しやすいトラブルなので、念のため一度電源周りの状態をご確認ください。

モニター側のケーブルや電源コードも確認する

デスクトップPCは本体とモニターそれぞれに電源があり、さらにモニターと本体はケーブルで接続されています。

本体と合わせて、モニターの電源コードもコンセントに繋がっているかしっかり確認しましょう。

一見しっかり差さっているように見えたとしても、実際は抜けかかっている可能性もあります。

本体や壁のコンセントに電源コードがしっかり接続されているか、注意してご確認ください。

また本体とモニターを繋ぐHDMI等のケーブルが抜けていないかどうかも、合わせて確認することをおすすめします。

ノートパソコンはバッテリー切れに注意

ノートパソコンは本体にバッテリーが内蔵されていて、バッテリー残量がない状態だと単体で電源を入れられません。

ACアダプターを接続してしばらく充電し、再び電源が入るかどうかご確認ください。

内部にホコリが溜まるとうまく動かなくなる

パソコンはファンなどに隙間があり、いつの間にか内部にホコリが入ることもあります。

ホコリが内部に溜まってしまうと、本体内に熱がこもったりパーツの動きが悪くなったりしてしまい、電源がつかなくなってしまいます。

静電気を除去しつつPCのカバーを開いて、溜まっているホコリをエアダスター等を使って除去してみましょう。

メモリやHDDなど、各種パーツ・ケーブルの外れや劣化の可能性もある

パソコンは様々なパーツが組み合わさっている精密機器で、パーツが取れたり劣化したりするとうまく動かなくなります。

内部のHDDやメモリを抜き差ししてみたり、電源コードなどのパーツを必要に応じて買い替えてみたりしましょう。

バッテリーやACアダプターなどを取り外して帯電を解消できる

PCでは内部に余計な電気が溜まってしまい、うまく動かなくなってしまう「帯電」という問題が起こることがあります。

帯電は主に長い時間パソコンを使い続けたり、様々な機器を接続したままにしていたりすると発生します。

一旦パソコン本体からバッテリーやACアダプター、プリンターなどの周辺機器をすべて取り外して、数分放置すれば帯電が解消されます。

CMOSクリアでBIOSの不具合を解消できる可能性がある

パソコンのパーツを変更したり、BIOS(接続した機器の制御をするプログラム)の設定を変更したりした時に、BIOSに不具合が発生してPCが起動しなくなってしまうことがあります。

BIOSの不具合は、「CMOSクリア」という操作で解消できる可能性があります。

CMOSクリアは、パソコンのマザーボードに付いているボタン電池を抜いてしばらく放置するなどの方法で行なえます。(PCごとに手順が異なるので、使用しているPC・マザーボードでの設定方法を説明書や問い合わせなどで確認しましょう)

なおノートパソコンの場合は、細かく分解しないとCMOSクリアを行えないこともあるので、破損等のリスクを考慮すると無理にCMOSクリアを行う必要はありません。

どうしても解決できない場合は修理業者やメーカーへ問い合わせる

ここまでに紹介した対処方法でもなお問題が解消されない場合は、修理業者へ依頼したり、メーカーへ解決方法を問い合わせたりするのがおすすめです。

例えばウイルスに感染している、内部の細かいパーツに不具合があるなど、一般の方では対処しづらい状態になってしまっている恐れがあるためです。

闇雲にPC内部をいじった結果、本来なら直せる状態のPCが修理不可能になってしまう可能性もあるので、無理に自分で直そうとするのは危険です。

まとめ

パソコンの電源がつかない時は、ホコリの除去や電源コードの装着し直しなど、様々な方法でトラブルを解決できます。

まずは今回紹介した中から行える対処法を試してみて、解決できなかった場合は無理をせず修理業者等へ問い合わせを行いましょう。

【パソコンお助け隊の関連サービス】