テレワークを快適にするパソコンのディスプレイサイズやデュアルモニターについて

テレワークやリモートワーク、在宅ワークで仕事する時に大切なのがパソコンのディスプレイサイズです。新しく大きなディスプレイサイズのものを買うかデュアルモニターにするかで悩まれている方もいらっしゃるでしょう。

今回はテレワークで快適なパソコンのディスプレイサイズやデュアルモニターについてご説明します。

テレワークを快適にするパソコンのディスプレイサイズの選び方

まずはテレワークを快適にするパソコンの選び方をチェックしてみましょう。

作業に集中しやすい視野になるサイズを選ぶ

ディスプレイサイズを選ぶ時は作業に集中しやすい視野になるかどうかが鍵となります。

まずはディスプレイを置く位置と椅子に座った時の顔からの距離を把握しましょう。その上でディスプレイが自分の視野にどれくらいの幅になるのかチェックしてみてください。

簡単に言えば、ディスプレイまでの距離が遠ければ、視野に入るディスプレイのサイズは小さくなり、距離が近ければ視野に入るディスプレイのサイズは大きくなるということです。

自分の座る位置とディスプレイまでの距離によって実際に視野に入るディスプレイのサイズが変わってくることを理解すると選びやすいでしょう。

また、自分が思っているよりも視野が小さいことを把握すべきです。なるべく首を動かさずに目線を動かすだけで全体が把握できるようなサイズを選ぶのがおすすめです。

入力デバイスや作業環境、作業内容に合わせて選ぶ

テレワークで仕事する内容によってもディスプレイサイズは変わってきます。例えば、同時に利用するアプリケーションが多い場合、またはアプリのツールバーや設定が多い場合は大きなディスプレイが必要になります。

また、ペンタブや音楽系の機器を接続して作業する場合はディスプレイまでの距離が異なることもあるでしょう。キーボード以外のデバイスを利用する場合は大きいサイズを買ってもものたりない、または小さく感じることもありますので、やはりディスプレイまでの距離を把握した上で実際の距離からディスプレイを見て視野を確認するのがおすすめです。

その他、パソコンのアプリケーションによってはツールバーや設定項目がたくさん表示されるものもあります。作業する範囲外の部分の表示が多い場合はやはり想像しているよりも大きめなディスプレイのほうが後悔せずに済むでしょう。

余裕があれば4Kやウルトラワイドのディスプレイも検討しよう

予算的な余裕と、場所的な余裕があれば4Kやウルトラワイドのディスプレイも検討すべきです。ただし、大きければ大きい方が良いというものではないので、ディスプレイまでの距離、デスクの幅、椅子の位置などは把握しておきましょう。可能であれば家電量販店などで実際の距離や目線でいくつかのディスプレイサイズを確認して、自分に合うサイズを調べておくのがおすすめです。

ディスプレイサイズは実物の大きさというより、自分の視野に合うもの、自分の視野に気持ち良く収まるものを選ぶこと、同時に作業環境に応じて大きいサイズが良いのか、逆に必要以上に大きいサイズを選んでいないのかという形で検討してみてください。

デュアルモニターについて

次にデュアルモニターのメリット・デメリットやディスプレイアームについてご紹介します。

デュアルモニターのメリット

デュアルモニターのメリットは使い方次第で作業効率が格段にアップすることです。例えば、作業するディスプレイとメールやチャット、調べ物をするブラウザを開いておくディスプレイを分けるだけでもその都度切り替えなくて済むようになります。

また、複数の作業を同時進行する場合も同様であり、画面を占有してしまうようなアプリケーションを利用する場合も分けて表示できるので作業効率が上がります。

デュアルモニターのデメリット

デュアルモニターのデメリットは配置の仕方によっては視線だけでなく、首も動かさなくてはならないことです。また、ディスプレイを2枚にする分、場所を取られるのもデメリットと言えます。

また、ディスプレイが2つになることで、人によっては注意力が散漫になることもあります。作業するディスプレイともう一つのディスプレイの両方に意識が向いてしまい、集中しにくい場合もあるということです。

デュアルモニターはディスプレイアームがおすすめ

デュアルモニターを利用したいと考えたら同時にディスプレイアームの購入も検討しましょう。ディスプレイアームは一度購入すればほぼ一生ものですし、何よりもそこまで高いものではありません。

特にデュアルモニターの場合は自分の納得のいくディスプレイの位置や距離、高さが重要なので、ディスプレイアームによって自由に位置を設定できるようになると、集中しやすい作業環境を作りやすくなるからです。

まとめ:ディスプレイサイズを選ぶ時は「自分本位」で選ぼう

テレワークやリモートワーク、在宅ワークでは何の制約もなく自由に作業環境を構築することができます。もちろん、予算やスペースの問題はあるにせよ自分好みに合わせることは難しくありません。

特にディスプレイはテレワーク時に常に見ている場所でもあります。だからこそ、ディスプレイサイズを選ぶ時は自分本位で選ぶようにしましょう。単純に大きなディスプレイサイズにするよりも、自分にとって快適な視野となるサイズを選ぶこと、ディスプレイと自分の距離を把握して、最適なサイズ知ることが大切です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事がパソコンのディスプレイサイズでお悩みの方のお役に立てれば幸いです。

【パソコンお助け隊の関連サービス】