ミラーリングとは?スマホを有効活用する方法を押さえておこう!

ITシステム関連やスマホで使われるキーワードに『ミラーリング』というものがあります。いずれの場合でも、機器を便利に利用するための言葉なので覚えておいて損はありません。特にスマホを利用する際にミラーリングを知っておくと、より一層使いこなせるようになるでしょう。

そこで、今回はミラーリングについて紹介します。利用方法なども紹介するので参考にしてみてください。

『ミラーリング』って何?

機器のミラーリングとは、大きく分けて2つの意味があります。便利な機能を使いこなすためにも、どのような意味なのか見ていきましょう。

複数の記憶装置にデータを書き込むこと

ITシステム関連で使われる「ミラーリング」は、同時に複数の記憶装置にデータを書き込むことです。つまり、一度の処理で複数の場所にデータを保存できるので、1つの保存装置が破損したとしても、別の装置からデータを読み込むことができるます。

主に重要なファイルなどのバックアップデータを保存するときに使われます。メインの保存装置に万が一のことがあっても、データを紛失するわけではないので信頼性が高くなります。

スマホの画面を他のデバイスに映すこと

一般的に使われる「ミラーリング」は、スマホの画面をテレビやパソコンなどの他のデバイスに映すことを意味します。スマホの画面サイズは小さいので、テレビやパソコンなどに画面を転送することができれば、今までよりも便利にスマホを利用できるようになります。

画面をミラーリングするメリット

画面をミラーリングするメリットはいくつかあります。必要に応じてスマホの画面をミラーリングすれば、さらに便利に使えるようになるでしょう。ここからは画面をミラーリングするメリットを紹介します。

大画面で出力できる

スマホの画面をミラーリングする最大のメリットは、小さいスマホの画面をテレビなどの大きな画面に出力できることです。例えば、現在ではスマホやタブレットで利用できるコンテンツが充実しています。

動画配信のアプリやゲームのアプリなどを楽しんでいる方であれば、テレビなどの画面にミラーリングすることで、大画面で楽しむことができるのです。スマホでしか楽しめないサービスを利用している方であれば、大きな画面にミラーリングすることで、より充実したコンテンツを楽しめるでしょう。

複数人で楽しめる

画面のミラーリングは1人で楽しむときだけでなく、家族や友人と楽しむときにも活用できます。スマホの画面はもともと1人で画面を閲覧するものなので、できるだけコンパクトなサイズになっています。

スマホの画面を複数人で見ようとするのは無理があるでしょう。そこで、スマホの画面をテレビなどの画面に転送することができれば、同じ画面を複数人で見られます。

動画やゲームだけでなく、仕事をするときにも簡単に画面を共有できるので便利です。

ミラーリングするデメリット

画面をミラーリングするデメリットは特にありません。ただし、iPhoneなどのスマホ単体では画面をミラーリングできないのは、注意点でもあり欠点であるといえるでしょう。

ミラーリングするためには専用のハードウェアを用意する必要があるので、機器を購入する費用がかかります。安い機器であれば1,000円程ですが、相場は3,000円前後です。

ミラーリングする方法

では、ここからはスマホの画面をミラーリングする方法を紹介します。

有線ケーブルを使ってミラーリングする

最も一般的な方法は、スマホとテレビ・パソコンの双方に対応したケーブルを接続してミラーリングする方法です。iPhoneの場合は「Apple Lightning」、Androidの場合はmicro USBに対応し、テレビ側はHDMIに対応したケーブルを使用します。

有線ケーブルで接続する方法は、ケーブルをお互いのデバイスに接続しテレビ側の入力を切り替えればミラーリングできるので、簡単に設定できるのがメリットです。ただし、ケーブルが届く範囲でしか利用できないので注意しましょう。

無線でミラーリングする

もともとスマホのミラーリングは有線でしか行えませんでしたが、無線で接続することもできるようになりました。無線で接続する場合は、テレビ側がスマホの無線を受信できる機器を用意するだけです。

例えば、iPhoneを使う場合は、「Apple TV」をHDMIケーブルに接続し初期設定を行えば完了です。

まとめ

ミラーリングはITシステムとスマホで使われる言葉ですが、日常生活ではスマホの画面をミラーリングすることが使われることが多いでしょう。スマホの画面をテレビなどの大きな画面に出力することで、動画やゲームなどを楽しみやすくなります。実際にスマホの画面を大画面に映すことで迫力は増します。

ミラーリングする方法は有線と無線の2パターンあるので、自分にあった方法で接続してみると良いでしょう。

関連記事;iPhoneでミラーリング|Macでの設定方法を解説|スマブロ